« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月15日 (土)

今年の天気は○

何か、記事の内容が毎年固定的になって来ましたが...(燈花会→夏祭り)

   〒〒〒

ま、そんなことは気にせず、恒例の夏祭り。
ここ何年か天気が良くなかったイメージがあるのですが、今日は文句なしの晴れsun
150815_01_01

   〒〒〒

やっぱりこのショット、撮っとかなあきませんなあ。
150815_01_02

いつもながら、この夏のひと時が心を癒してくれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

燈花会2015

8月に入って何やかんやバタバタしたり、立山黒部方面行ったりしているうちに地元奈良の”燈花会”、最終日になってしまいました。...とりあえず、行こう。

   〒〒〒

JR奈良駅前、ここは終了15分前に見ることが出来ました。
ん、もう「SEE YOU NEXT YEAR」になってるぞ。
150814_01_01

   〒〒〒

猿沢池の前にて。
150814_01_02

ハートの形になっていますね。
150814_01_03

幻想的な光景ですね。
150814_01_04

ここももう「また来年」という文字に...。
150814_01_05

んじゃ、また来年来ましょう。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

最終目的地、扇沢へ

ここまで...結構疲れました。(´Д`υ)
で、最後は関電のトロリーバスです。

切符売り場までのトンネル内は気温もかなり低く涼しいのですが、何せ荷物と疲れとその他諸々(?)で、汗が止まりません。。

バスは14:05発、待ちの列は結構な長さになっています...乗れるん?
150813_07_01

   〒〒〒

乗車開始...ここも先ほどの立山トンネルトロリーバスと同じく数台連なってバスが走るので、比較的列の前方に居たせいか、難なく座れました。(この後は満員状態に)
150813_07_02

出発、黒部ダムを後にします。
150813_07_03

扇沢まで約16分の乗車、ここも昼間に行き違いスペースが設けられています。
150813_07_04

扇沢に到着、バスは再び黒部ダム方面へ折り返していきました。
150813_07_05

もういちど...あー、疲れた。。(本音)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと見てみたかった黒部ダム

ケーブルカーを降りて、黒部湖に向かいます...トンネルを進み。
150813_06_01

   〒〒〒

目の前に黒部湖が広がります。
曇天ではありますが、雨も降っておらずひとまず安心。
150813_06_02

さっそくダムの方へと向かいます。
この時期は観光放水をしているので、あの壮大な水の柱を見ることが出来ます。
ダム上から覗いてみると...おおおぉ!!
150813_06_03

放水は水による景観破壊がないよう、ミスト状になっているそうです。

   〒〒〒

幼少の頃から本などで「黒部ダム」を見ていた自分は、一度本物を見てみたいと思っていたのですが、人生半世紀を迎える頃にようやく実現しました。
余談ですが、幼少の頃”黒部第4ダム”というのを、”黒部ライオンダム”と聞き間違えて覚えていたので、家族などによく笑われたのも懐かしい思い出です。

...話はそれましたが。

で、ダム上を歩いていくと、ダム中心の標識が。
150813_06_04

当然のことながら、上から覗いてみる。
150813_06_05

おおおぉ...でもこの臨場感は写真では表現できませんね。

やっぱり展望台からの”定番ショット”を見てみたい。
でもでも、ツアーの行程上、重たーい荷物を担いだまま280段の階段を上るのは至難の業。
あー、あかん。と、すぐに断念、中途半端な位置からの撮影となりました。。(u_u。)
150813_06_06

   〒〒〒

ダム湖通路横には、黒部ダム建設による殉職者の慰霊碑もあります。
150813_06_07

存分に黒部ダムを目に焼き付け、最終目的地の扇沢へと向かいます。
150813_06_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒部ダムに向かいます。

更に下界へと降りて行きます...そろそろ乗り物も5つ目、ちょい疲れてきたかも。

   〒〒〒

ここ黒部平から黒部湖まではケーブルカーに乗ります。
やっぱり観光客が多いので、13:05発という時刻表にはない臨時便に乗車します。
150813_05_01

路線長は0.8kmと短いですが、自然保護と雪対策のため全線トンネルという珍しいケーブル線になっています。
ホームの横からはすぐにトンネル。
150813_05_02

ケーブルカー到着...凄い人、ということは。。
150813_05_03

やっぱり車内も混雑ですわ。
150813_05_04

出発...暗いトンネルを下へと降りて行きます。
150813_05_05

行き違いの車両...誰もが顔をのり出し被ってくるので、撮れたのがこの画像!
150813_05_06

黒部湖駅に到着。7分間だったので意外に近い感じ。
150813_05_07

あー、やっと綺麗にケーブルカーの写真が撮れましたわ。
150813_05_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観望出来なかった大観峰

大観峰駅に到着すると外は先ほどの様な霧は無くなっていましたが、雨はまだ少し降っています。
山々の解説看板の素晴らしい晴天写真↓
150813_04_01

そこから実際の山々へフォーカスを移すと...
150813_04_02

...こんな感じです。。

   〒〒〒

ここからは立山ロープウェイで約500m下の黒部平まで行きます。
150813_04_03

ロープウェイの乗り場まで行くと、下界の霧が少し晴れてきた。
150813_04_04

ロープウェイがやって来ました...うーん、ちょっと貧弱に見える屋根上の鉄柱、大丈夫かなあ。って、いらん心配!
150813_04_05

   〒〒〒

さあ乗り込み、って、やはり下界を見るべく皆前の方に一気に乗り込むので、車体が前のめりになって大揺れ...怖!
それらを横目に、反対側の山上側に貼りつくことにしました。
大観峰駅が見る見る小さくなっていきます。
150813_04_06

また霧がかかってきて、視界が悪くなってきた。。
150813_04_07_3

   〒〒〒

黒部平駅に到着。
150813_04_08

あー、天気が良ければ素晴らしい景観が見られたのだろうなあ...ま、こればっかりは仕方ないか。
150813_04_09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山トンネルトロリーバス

お昼ごはん食べると、今度はそんなに時間の余裕も無く、すぐに次の目的地の大観峰に向けて、トロリーバスに乗ります。
P8130150

この立山トンネルトロリーバスは正式には立山黒部貫光無軌条電車線というそうです。
見た目はバスそのものですが、分類は”電車”なんだそうです。(無軌条電車)
P8130151

   〒〒〒

室堂駅から大観峰駅まで約10分の行程、バスは一度に4~5台連なって走ります。
前を望むとこんな↓感じ。
P8130156

トンネルはバス1台分の幅なので、中間で行き違いを行います...やっぱり電車ですね^^;
P8130157

   〒〒〒

大観峰駅に到着。
車両のパンタグラフはこんな感じ...ちょっと見えにくい?
P8130160

2本の架線からパンタグラフ(ポール)で集電をしていますね。
P8130161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極悪の天候

程なく美女平に到着、ここからは高原バスで標高2450mの室堂まで約1時間の行程。
P8130132

観光シーズンともあり臨時便のバスに乗り込みます。
P8130133

   〒〒〒

バスの車内では、快晴の高原道路や観光スポット、植物など美しい映像が流されておりますが、窓の外は今にも雨の降りそうな...というか上の方は雲がかかって何にも見えない状況...なんか嫌な感じ。

車窓からなんとか観光スポットの”称名滝”の撮影に成功しましたが、この後すぐ辺りは真っ白な霧の世界に...。
P8130138

   〒〒〒

室堂に到着...なーんにも見えません。
外に居てると、霧ですぐに濡れてしまうし、何せ気温13℃弱...防寒具も無く動けません!!
P8130143

近いところを歩こうかと外に出てみると、更に雨まで降って来た。
もう極悪の気候となりましたわ。
P8130144

仕方がないので、ターミナル内でお昼ご飯までの1時間半の時間を潰すことにしました。゚゚(´O`)°゚
天候が良ければ絶好の散策コースなんでしょうね。
P8130145

   〒〒〒

ふと横を見ると、立山簡易郵便局なる窓口がありました。
小さなポストがあったので、とりあえず記録...と。
P8130148

屋とお昼ごはん...って、あまり動いてないので空腹感もあまりなかったのですが、白エビのかき揚げはんかなか美味しかったですよ。
P8130149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山ケーブルカー

黒部立山アルペンルートのツアーに出発です。
ここ何日も日本付近は勢力の強い高気圧に覆われていて暑いけどいい天気が続いていたのに、このタイミングになって何か悪天候になって来た...日頃の行いがわついのかな。(定番の文句)

   〒〒〒

まず、立山駅からケーブルカーに乗って美女平という標高約1000mの所まで行きます。
朝の8時30分発に乗るべく改札前へ並ぶ。
150813_01_01

改札の上には、これから行き先の定点映像と気象状況がモニタに映し出されております。
一番見たいところの黒部ダムは、視界もそこそこかな...。
150813_01_02

散策予定の標高2450mの室堂...うえ~、何も見えん!しかも気温12.6℃って。
150813_01_03

   〒〒〒

程なく出発前にて改札開始、このケーブルカーは正式には立山黒部貫光立山ケーブルカーといって昭和29年に開業、1.3kmの路線で高低差が487mあります。
傾斜は大きいところで29°以上あり、結構キツイ勾配ですね。
150813_01_04
150813_01_05

一般客、団体客入り乱れて結構ホームも人でいっぱいになりました。

   〒〒〒

ケーブルカー到着。
客車の前に貨車が繋がれていて、山上資材運搬のほか、観光客の荷物の運搬もしているそうで...。
150813_01_06

もう、めいいっぱいに人が詰め込まれますので、大きな荷物持ったまま身動きできない状態...しんどい!
すぐに出発です。
150813_01_07

中間での行き違い。。
150813_01_08

もうすぐ、美女平駅に到着です。
150813_01_09

...7分間の乗車ですが、キツかったぁ。。
150813_01_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

富山ブラック

お宿はここです。

150812_05_01

   〒〒〒

夕刻のイベントでのビンゴ大会、見事に嫁がBINGO!

で、数ある景品の中から選んできたのは...ラーメン「富山ブラック」

150812_05_02

...麺好きの息子の土産が出来たって。。それ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山地鉄

富山地方鉄道、電鉄富山駅に来ました。

150812_04_01

ここから電車に乗って立山まで行きます。
富山地鉄はもう30年ほど前に、宇奈月温泉に行ったときに駅の外から見て以来なので、今回は乗車するということでちょっと嬉しいかも...。

150812_04_02

   〒〒〒

ちなみに、どっかで見たような車両もお目にかかることが出来ます。(カラーリングは違いますが...)

150812_04_03

余談ですが、駅広告に目が留まったのは「日本海みそ」、最近関西ではめっきりCMも見なくなりましたがあのフレーズは忘れることはありませんね...♪あ~越中、日本海みそ

150812_04_04

   〒〒〒

電鉄富山駅から立山線に入り約1時間かけて立山駅へ、途中夕暮れの立山連峰を見ることが出来ました。

150812_04_05

立山駅にとうちゃ~く!
さ、これから宿へ移動ですわ。

150812_04_06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山駅

富山駅に来ました。

...綺麗になりましたね~。

お、ちょうど北陸新幹線がはいってきました(*゚▽゚)ノ

150812_03_01

   〒〒〒

昔ながらの路面電車と最新のトラムのコラボもなかなか良いですね。

150812_03_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薬

...といえば、やはり富山ですね。

150812_02_01

ずらりと昔懐かしいデザインのお薬が並んでいます。


   〒〒〒

ここは富山の観光スポットの一つでもある「池田屋安兵衛商店」という歴史あるお店です。

http://www.hangontan.co.jp/

富山の街中に突如現れた歴史的な建物、映画撮影に起用されたこともあったとか。

150812_02_02

店内の佇まいもなかなかレトロな雰囲気ですね。

150812_02_03

ここで、昔ながらの”座売り”をしているそうで、体調の相談や話をしながらお薬を調合するというスタイルだそうです。

   〒〒〒

観光客向けに、丸薬の製造体験ができます...っていっても、型から練りだされた丸薬原料を、まな板のようなもので上から軽く当てて転がし、丸く成形するというもの。

150812_02_04

...んで、ウチの娘もやってみたいということでトライ!!

150812_02_05

結果は、惨憺たるものに仕上がりました。( ̄○ ̄;)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷土のすし

見るからに”サンプル”的な容器に入ったお寿司...鮭?

150812_01_01

   〒〒〒

いえいえ、富山県の郷土料理のます寿司です。
ちなみに、ます寿司の老舗、”源”にて試食をしました。

http://www.minamoto.co.jp/

150812_01_02

何となく想像できる味ではありますが、わっぱの入れ物に笹で巻いてあり駅弁などで有名だそうです。

   〒〒〒

ここでは店舗の他、歴史などを紹介するミュージアムもあり、日々観光客でにぎわっているそうです。
通路からは製造工場の見学もできますが...見た時は天井にあるコンベア(みたいなもの)や大がかりな機械は動いておらず、ちょっと物足りない感じでした。

150812_01_03

   〒〒〒

ミュージアム内では、駅弁で使用された容器の歴史や旅の携帯品などが展示されていました。
個人的には後ろの写真の”ボンネット雷鳥”が興味惹いてたのですが(^^:)

150812_01_04

   〒〒〒

店頭ではいろいろななます寿司を販売しています。

150812_01_05

わっぱに入れられたものを見ると、何となくチーズケーキに見えてしまったのは私だけ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

今年も近場で花火鑑賞

8月1日はPL花火芸術も盛大に行われますが、僕の場合は近所の夏祭りの花火を近場で鑑賞するのが好きなんです...ほとんど人もいないし。

   〒〒〒

去年はデジイチ担いで写真撮るのに専念してましたが、今年は娘にコンデジ渡して僕は横で酎ハイ飲みながらゆっくり鑑賞、あーイイですなあ。。

150801_01_01

150801_01_02

この花火の音に重なって、PLの花火の音も聞こえていました。
夏を感じるいいひと時でした。

でも、この蒸し暑さにはちょいと参りますなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »