« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

近鉄吉野線開業100周年記念イベント参加

今年は近鉄吉野線の開業100周年ということでいろいろイベントが開催されていますが、今日は昭和32年に登場した近鉄南大阪線通勤車「ラビットカー」の当時の塗装を復元した車両を使用した撮影会イベントに参加させて頂きました。
121027_01_01

   〒〒〒

近鉄南大阪線阿部野橋駅改札前で受付を済ませた後、何気なく辺りを見回してみると開業100周年にちなんだイベント準備やポスターの貼り付けなど近鉄職員さんも忙しそうに走り回っています。
...模型運転会何かが行われるのでしょうか??
121027_01_02

   〒〒〒

出発時間が近づいて来たので、改札を入りホームで待っていると乗車する貸し切り列車がやって来ました。
職員さんが電車正面に記念ヘッドマークを取り付けます。
121027_01_03

   〒〒〒

足早に電車に乗り込み、程なく出発です。
参加者がどれくらい居られるのか、情報が全くなかったので座って移動できるのか心配していましたが、ご覧のとおり車内はゆったり、快適な環境です。
このツアー名は「乗る、撮る、学ぶ」ツアーということですが、”学ぶ”って?...これは吉野線開業当時の制服を着た車掌さんが車内放送で、行程の随所でその地の歴史などを詳しく説明して頂けるもので、乗車時間中も退屈しない演出となっています...なかなか勉強になりますなあ。
121027_01_04

   〒〒〒

営業列車の合間を縫って走る貸し切り列車のため、途中で停車も多く大阪阿部野橋駅を出発してから結構ゆっくりのペース、橿原神宮前駅を過ぎ吉野線吉野口駅に到着したのは1時間20分後でした。
ここで電車は引き込み線へ入って入れ替えを行い、折り返し橿原神宮前駅へと向かいます。いろいろ丁寧に沿線解説下さった車掌さん、開業当時の制服が決まっていますね。
121027_01_05

ここから先の行程はそのまま貸し切り列車に乗っても、各自列車撮影のため各自他へ移動しても自由です。
僕はこのまま電車に乗って橿原神宮前駅に向かうことにしました。そう、その間に配られたお弁当も食べたいし...。
お、松阪の牛肉弁当でーすヽ(´▽`)/
121027_01_06

   〒〒〒

橿原神宮前駅到着、ここでは出発まで約30分ありますがこの間に貸し切り列車のサプライズプチ撮影会が開催されたため、もうこのような↓状態です。。(僕も当然混じってましたが^^;)
121027_01_07

   〒〒〒

お昼前に橿原神宮前駅を出発、再び吉野方面へ向かい途中大和上市駅で下車することにしました。とりあえずどこかで列車撮影もしなくてはならないのでね。train
121027_01_08

ちなみにここの駅の改札は自動ではなく、係員さんが切符拝見する”お立ち台”が残っています...最近もう見なくなりましたね。
121027_01_09

   〒〒〒

貸し切り列車が更に撮影のために往復する間、慣れない土地の撮影ポイントを巡って何とか2か所くらいで撮影できました。
次は最後のイベント列車撮影会です。お隣の吉野神宮駅から貸し切り列車のまたまた乗車、降り立ったのは車庫がある六田駅。ここは大正元年10月25日に開業した吉野軽便鉄道の終着駅で当時は吉野駅を名乗っていました。
121027_01_10

車庫へ入る前に安全確保ってことで、皆さんヘルメット着用です。
121027_01_11

残念ながらちょっと曇ってきて暗かったのですが、約40分間の間には車両撮影や記念撮影など有意義な時間を過ごすことが出来ました。
121027_01_12

さて、帰路大阪阿部野橋駅に向かいます。貸し切り列車もこれで最後の乗車となりますね...って今頃晴れて来たやんけ!
121027_01_13

   〒〒〒

結構バタバタした行程でしたが、好きなことやっていると不思議と疲れも感じず時間が経つのも早いんですよね。
17:00過ぎに無事大阪阿部野橋駅到着。

関係者の皆様、参加された皆様、お疲れ様でした。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

ふる里まつり 2012

何かこのタイトルで記事書くのは3年に1回ってことになってしまっているような...前回は確か2009年

でも、これ開催される日って結構快晴の得意日なんです。今日もちょこっと出かけただけなのに暑いのなんの。

121021_01_01

   〒〒〒

特に見るものもなく、雰囲気だけ味わいに行きました...というより、抽選券があるのでその景品が目的かもね。
ここ、いつも長蛇の列になっております。

121021_01_02

なになに?1等自転車、2等ポット...で、ラッキー賞が洗濯機に電子レンジ...こっちのほうがエエやん。
よーし!一発当ててやろうか。。

121021_01_03

   〒〒〒

...天ぷらうどんを。。coldsweats01

121021_01_04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

真っ赤

天気予報...今日って夕方雨降るって言ってたかなあ。
夕方、結構降ってきましたね。

   〒〒〒

と思っている間に、やんでいました。
ふと西の空を見ると、「何?」っていうくらいに真っ赤になっていました。

ちょっと幻想的な夕焼け...。
まるで遥か彼方の街が燃え上がっているような感じ、思わずスマホ出して写真撮ってしまいました。

121018_01_01

後で聞いたのですが、東の空には綺麗な虹が出ていたそうな...あー、そっちも撮りたかったなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久しい光景

今日(昨日?)はイライラ解消会なるうっぷんばらし会...何やねん、それ。

   〒〒〒

そーいえば、痛風発作出てからしばらくこういう会ってやってないので久しぶりかも。

そのまま2次会でBARへ...あー、こういうのも久しい光景ですなあ。↓
121017_01_01

もー、勢いでついでにマッサージなんかも行ってたら完全に電車なくなりました。
タクシーぶっとばして帰ったけど、睡眠時間2時間半...マッサージでとれた疲れは数倍になって返ってきましたわ。。(u_u。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

秘湯ツアー(女神の湯編)

時間的にはもう最後の訪問地となりそう、向かったのは奥熊野温泉...168号線から途中311号線に入り、しばらく走ります。

   〒〒〒

目的地”女神の湯”はアイリスパークなる施設にあるらしい、辺りも暗くなってきたころ標識に従って近隣までやってきました。
ん、どんどん道も寂しくなってくるぞ...お、標識にはアイリスパークって書いてあるけど人の気配もないようなところ。

更に進んでいくと灯りの点いた建物が、その横に”女神の湯”発見!
その施設に居られたおばちゃんに尋ねると、快く入浴OKということで。

121013_04_01
ここは入湯料は¥650、まあそこそこってところでしょうか。なかなか立派な建屋に男湯と女湯がそれぞれ左右に分かれております。
さ、入ろう!

   〒〒〒

引き戸を入ると脱衣場があり、すぐ横が浴室...お、割と広い感じ。

121013_04_02

入ってみて驚きです。。このトロトロ感はハンパじゃないですね。肌に纏わりついてくるような泉質...クセになりそうな。
今まで体験したことのないような温泉を満喫しました。
因みに、源泉かけ流しと思ったけど、ある程度循環しているみたいですね...ちょい残念。

   〒〒〒

十分あったまったので、そろそろお開きということに。
時間は既に18:00をまわり、外は真っ暗です。

121013_04_03

しばらくここのおばちゃんとお話した後、帰路に就くことにしました...あー、いつまで経っても汗ひかん!

さ、どこかで晩飯...ってまだ18:30なのに熊野近隣の店は既にどこも閉店済み、早すぎ!!
延々帰路3時間、大和高田まで帰ってきてやっとラーメン食べて、JR王寺駅着は22時過ぎ、疲れたぁ~。。

いろいろありましたが、なかなか有意義なツアーでした...また次回に機会あれば行ってみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘湯ツアー(夏川温泉編)

凄まじい「ポリバスの湯」を後にし、次に目指すは太地町の夏川温泉というところ。
...先輩、何で次から次へといろんな温泉地知ってんねん!

   〒〒〒

再び国道42号線から、何やら県道236号へと入る...太平洋の景観もなかなかの道をしばらく走ると、あれ?行き止まり。
どこかで曲がらなあかんかったんかな...ということで、もう一度よーく目を凝らしながら路地を探すと、なんとなく”らしい”道あり。
で、そこを少し入ってみると、あ!あったあった、目的の旅館”もみじや”さん
121013_03_01

   〒〒〒

宿のおばちゃんに聞いてみると、温泉入浴OK!
お一人様¥300です。「お世話になりまーす!」と、300円払って、狭い廊下の先の浴場へと向かいます。
途中、娯楽部屋なるところには卓球台が鎮座しています...うーん、昭和!!
121013_03_02

   〒〒〒

程なく温泉入り口に到着。”浴室”の文字入りすりガラスの引き戸...うーん、昭和!!
121013_03_03

   〒〒〒

脱衣場の先には6畳ほどの小ぢんまりした浴室、いい雰囲気ですね。
岩の間から出る温泉の湯量はハンパなく多い...早速入りましょう!
121013_03_04
121013_03_05

これ、源泉そのままのかけ流し、湯温も程よいもので、もうここを動きたくなくなるくらいに気持ち良い。。
「あ~、もうここで一泊しようか」ってくらいに。

一応記念写真、裸で裸の人の写真撮るのって初めてかな。
121013_03_06

窓の外に見える南国の木、これも良い演出です。
121013_03_07

   〒〒〒

時間は既に16時をまわっている、今日はこれで終わりかと思いきや、泉質がトロトロの温泉が近辺にあるとのことで、もう勢いでそのトロトロ湯温泉まで行くことに決めました...ま、時間気にすることもありませんし。。

てなことで、もうちょっとココでゆっくりしたかったけど次の目標に向けて、”もみじや”さんを後にします。
宿のおばちゃん、ありがとう。今度は是非泊まりで来ますね。

...つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘湯ツアー(ポリバス編)

さて、上湯温泉を後にし、次の目的地へ。
なんとも和歌山県串本町の佐部っていうところに、とんでもない温泉があるそうな...通称「ポリバスの湯」。

   〒〒〒

何じゃそりゃってネーミングですけど、何やら道端にポリ浴槽が置いてあり、源泉から伸びたホースがその浴槽に温泉を注ぎ、その浴槽から更に下流側にホースが伸びているという聞いただけではミステリアスなアイテムです。
国道42号線からあたりを付けた道に入り、(ちょっと迷いましたが)用水路のある路地をちょこっと入ったところに見えたものは!

121013_02_01

ん!用水路上に置かれたせいぜい一人が入る樹脂製浴槽...これ?

121013_02_02

そう、これなんです。源泉から伸びているであろうホースから注がれる温泉、浴槽の半分くらい溜まってます。

121013_02_03

温度は?...手を突っ込んでみる...ぬる!でも硫黄のにおいは結構ありますね。

121013_02_04

浴槽もかなりくたびれている様で、下からは温泉が漏れまくっていますわ。

121013_02_05

まあとりあえず、皆さん撮影はしっかりとやっておきましょう!

121013_02_06

   〒〒〒

...で?
え、入るの...コレ。
「当然!」とばかり...やっぱり。。

121013_02_07

公然わいせつにならないようにここでは海パンにて...、「あー、いい湯だな」っていうのには程遠い状況ですなあ...先輩!

121013_02_08

   〒〒〒

横の空き地に放置されていたステンレス製の浴槽...こっちのほうに取り替えたほうがエエんちゃいます?

121013_02_09

次につづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘湯ツアー(上湯編)

昔からあちらこちらと各地を車で走り回った先輩に、「知る人ぞ知る秘湯ツアー」に行こうって誘われ、久しぶりに面白そうなので行って見ることにしました。

   〒〒〒

朝7時、JR王寺駅集合、当日メンバーはその先輩とせんぱいの部署の若者君、それに僕の3人です。
どんなツアーかよくわからんかったので、手ぶらで行ったら「タオルは!」って怒られました...あ、温泉入るツアーね。
国道24号線から山麓線で五条へ、途中コンビニでタオル買って168号線にて新宮方面へと走ります。
秋の気配も感じられる空気の中、天気も快晴でいい気持ち。

   〒〒〒

十津川村平谷に入ったところで”野猿”なるモノに立ち寄ることにしました。

121013_01_01

これ、川の上に張られたロープに吊るされた櫓に乗って、滑車に繋がれたロープを引っ張って対岸に渡るもの。
とりあえず若者君が挑戦、でもこれって撓るロープ中ほどまでは楽やけど、そこからは結構キツイっていう事実を告げたら不安な空気が...。
ちなみに高所も強くないってことで(それなら何で挑戦?)、ロープ中盤そこそこで引返しです。

121013_01_02

帰れなくなってホンマもんの野猿になったらえらいこっちゃ。

   〒〒〒

”野猿”のすぐ近くにはつり橋がありました。「柳本橋」っていうそうで長さは90m、高さ10m、”5人以上は同時に乗らないでください”のビビらせ文句が好奇心を掻き立てます。早速渡ろう!

121013_01_03

も、揺れるの何のこわいこわい。。

橋を渡ったところにある道案内、”果無集落”って...真っ暗な林道が続く先には果たして...!!

121013_01_04

って、ちょっと行ったらアスファルトの広ーい道に出ましたわ。

   〒〒〒

さて、ちょっとした寄り道も終わり、初めの目的地「上湯温泉」へと向かいます。
山道を行くと”つるつるの湯”なる表示を発見、2、3台の車が停めれそうな川上の駐車スペースに車を停め、付近歩いてみる。と、河原へと下りる階段横には温泉の看板が。

121013_01_05

ちょうど横の自動販売機で飲料を買っていたお兄さん、ここを管理している関係の方のようで、河原にある2つの建屋のうち奥のほうしか入れないので、そちらに行ってくださいと教えていただきました。
...って、途中で階段切れてます。どこ行けば??

121013_01_06

どうやら近年の豪雨かなんかで通路が流されているようで。。仕方ないから岩場を必死で降り、河原を歩いて温泉らしき建屋下へ。
...って、入り口まで行く道は?

121013_01_07

ここも通路が崩れ落ち、簡易に組まれた足場代わりの木材と手すり代わりの鉄パイプが...。おーい!もう秘湯じゃなく秘境じゃあ!!

   〒〒〒

道なき道を進み、やっと入り口までたどり着きました。

121013_01_08

お、中はそれなりにしっかりとした感じ、隣のポンプ室からくみ上げられた源泉がかけ流されております。

121013_01_09

ではでは早速入りましょう。
程よい温度、温泉独特の硫黄臭もいい感じでここまでたどり着くまでの疲れを癒してくれますなあ。

   〒〒〒

ゆっくり温泉堪能し、次の目的地へと移動することに...ああ、エエ湯でしたわ。

121013_01_10

なかなかこの外観だけみると、ここに温泉あるってわからないですよね。ちなみに車の通る道はずっと上の方です。

121013_01_11

この撮影位置よこから荒れているけど車が入ってこれそうな道があり、掲げられた看板見ると”車で来れます”って?
え、今までの苦労は何!

って思ったけど、その先は...道、崩壊してました。

121013_01_12

さて、次に行きますか。

<追伸>
実は手前にあった結構しっかりした建屋の温泉小屋が「つるつるの湯」で、入湯料¥500で営業していたのですが、去年の台風12号で被災し、復旧されずそのまま廃墟となっていたのです。
元々あった露天風呂が今回行ったところですが、男湯の露天風呂は瓦礫に埋没し通路は崩壊、なんとか女湯で使用していた湯ぶねだけが残ったようです。
近くには”野猿”もあったそうなのですが、姿形もありませんでした。

このまま廃業となってしまうのは、何かしら虚しいですね。

...つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

小康状態!

5月に痛風の発作、その時点での尿酸値は約8mg/dlと高い値だったのですが...

   〒〒〒

121012_01_01
水分補給、大好きなビールも抑制、その他もろもろ...で、今日の検査結果、4.7mg/dlと正常値へ。
でも油断大敵、気を緩めないようにしなくては。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

久っしぶりの...

先日会社で...「○○君の結婚2次会、参加してもらえます?」っていきなりお誘いがありました。
えっ、こんなおっさん呼ばれてもエエんかいな。

   〒〒〒

なーんて思いつつも、おめでたい席、断る理由もないので参加することにしました。
って、もうこの歳、立場になると親戚や部下の披露宴に出席っていうパターンが多いのですが、気兼ねなくお呼ばれするって、思えば結構久しぶりなことですわ。

   〒〒〒

場所はJR難波から近い堀江のレストラン、僕の家からは結構楽に行けるところです。
おっ、現地到着やいなや雨降ってきた! おーい、雨なんか降るって言うてなかったぞ、天気予報!!

121006_01_01

とかなんとか思っているうちにすぐに現地着、まあ傘も必要ないくらいの距離でしたわ...ここ、「8G」ってとこ。

121006_01_02

お店の前にはもう皆さん揃っておりました。
お店はなかなか洒落た雰囲気で、披露宴もここで行われたみたいですね。
こんな雰囲気です...って、全体写した写真、ちょうどうまい具合にピンボケになったんで顔モザイクかけなくて済みました。(負け惜しみ...)

121006_01_03

   〒〒〒

今まで披露宴や2次会などは率先して写真撮影係りやってたんですけど、デジタル化の進む中、当時のフィルムからプリント、アルバム作成もニーズに合わなくなりもうその役目は引退ってところですか。(体力なくなってきたし。)
...撮影班は後輩君におまかせということで。

121006_01_04

宴もたけなわ、懐かしい顔も見受けられて歓談、ゲームなどなど盛り上がっています。
ビンゴゲームもたくさんの商品の中、同じ席に居た○○君は結構早くからビンゴったのに、なぜかガーデニングセット、後から当たった商品は、アワビやら牛肉やら旅行券やら...何でやねん!って。。(おもろいから写真載せておきます)

121006_01_05

   〒〒〒

程なく宴も終わり、皆さん次に行く方、お帰りになる方と別れていきます。
僕?当然お帰り組です...(って次の日ちょっと趣味行きあるもので^^)
最後にお店の前で、一番幸せなお二人のスナップを...。

121006_01_06

お幸せに...。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »