« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月15日 (日)

SONYのカセットテープ

そう言えばお蔵入りしている数々のカセットテープ、音源のデジタル化を行おうとしてもなかなか行動が伴わずそのまま放置状態で...。

   〒〒〒

と思いながら、ちょっとカセットテープの入っているケースを覗くと...音源よりもカセットテープ自体懐かしいものばっかり、ついついパッケージに見入ってしまいます。

SONY、マクセル、富士、TDK、スコッチいろいろありますが、当時お気に入りだったのはSONYのカセットテープかな?
特にコレ↓、DUADがお気に入りで、ポジションもTYPEⅢ(Fe-Cr)のレアな存在...懐かしい。。

120415_01_01

音質ではやっぱりポジションTYPEⅣのメタルテープにはかないませんが、これらって当時でも結構いいお値段していたような記憶がありますね。

120415_01_02

当然中学生だった自分には、そんな高価なカセットテープばっかり買う事もできなかったので、メタルテープはあこがれの存在だったかもしれません。^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

退院!

先日自分の不注意でボコってしまった愛車、帰ってきました。car

何せ左側面、ヘッドライト、前バンパー、フェンダー、前ドア、後ろドア、後ろフェンダー、後ろバンパー全てエグってしまったので絶望的にショックを受けてたのですが...。

修理屋さんの格別の計らいで、ヘッドライト、前フェンダー・前後ドアは中古品を探してもらい、バンパー修理も極力金額のかからない手法で修理、見た目もう新車と分からないくらい綺麗になっていました。

120414_01_01

修理代26.5万円は痛いけど、それで済んだのは良かったと肝に銘じておかなければなりませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

ナイトアクアリウム

クラブツーリズムのツアー、”近鉄貸切列車「楽号」で行く『京都水族館』初の夜間貸切”に参加してきました。
まず...①今まで貸切専用列車「楽号」に乗ったことがなく、乗りたかった。
次に...②3月に開館したばかりの「京都水族館」に行ってみたかった。
そして...③ツアー代¥2980とリーズナブル!
の、なかなか僕にとっては美味しいツアーなのです。

   〒〒〒

水族館は18時以降の夜間貸切なので、ツアー出発は大阪上本町駅14:06発のゆっくり目。
先日参加した賢島ペンギンツアー同様、どうせならという事で最寄西大寺駅から乗らずに始発大阪上本町駅からの参加にしました。train

120407_02_00

集合点呼でホームへ行くと、程なく20000系「楽」が8番線ホームに到着です。やっぱり皆さん記念撮影に集中です。(おまえもや^^;)

120407_02_01

大阪上本町、鶴橋、布施、八尾...で、橿原神宮前経由で大和八木、大和西大寺に停車し参加者を乗せての京都まで約2時間15分のかなりゆっくり行程。家族連れからご年配の方々まで車内は満席の賑やかなものとなりました。

120407_02_02

大阪上本町を出てから既に2時間過ぎ、車窓からも京都の町並みが見えてきました...ひと寝入りしようと思ったけど小さい子供たちが横を走り回るので結局寝られずじまい。。pout

120407_02_03

14:23京都駅到着、大阪出るときは雨もポツポツした空模様cloudでしたが、京都に着くと快晴sun...でも気温は3月上旬並みの寒さ、夜間はもっと冷えるので防寒対策はしっかりしておかなくてはなりませんね。

120407_02_04

京都駅からツアー客の列でゾロゾロ約15分、梅小路公園に到着。そこを進んでいくと真新しい巨大な「京都水族館」が...。

120407_02_05

...が、入場までは1時間ほどあるので一旦解散、公園道の出店も近くの機関車博物館もすでに閉まっちゃっているし、寒い中時間つぶすのに一苦労、とはいえ近隣うろついているうちに集合時間17:45です。

120407_02_06

点呼終了後、いざ水族館内へ。この日は我々大阪からのツアー約400人と多方面からのバスツー客約800人ということで、この約1200人での貸切は結構ゆっくり観ることが出来るというので期待も膨らみます。
入口入ると整然と並ぶチケット売り場...普段は行列が出来て人でごった返しているということですが、貸切では関係ありませんね。

120407_02_07

中には至る所に大きな水槽が設置され、なかなか見ごたえがあります。
水槽には優雅に泳ぐ魚達の群れが目を惹きますね。pisces

120407_02_08
120407_02_09

”ゴマちゃん”もお出迎えしてくれました。彼らを近くで鑑賞できるよう館内レイアウトもいろいろ工夫が凝らしてあります。

120407_02_10

圧巻は何と言っても巨大な大水槽、オーシャンブルーのライティングで神秘的な世界が広がっています。
優雅に泳ぐ魚達...ついつい見とれてしまいます。
一般入場時では、入場者数も多いのでこれだけゆっくりゆったり観ることが出来ないですよ...と、案内のお兄さん。

120407_02_11
120407_02_12
120407_02_13
120407_02_14

次に出迎えてくれたのはかわいいペンギンたちです。
でも、普段はもう閉館時間を過ぎているので、そろそろ眠たいのにライトを煌々と照っているので、目がしょぼしょぼ。。sleepy

120407_02_15

順路を進むと熱帯魚ゾーン、クラゲゾーンなどなどもう時間を忘れてしまうほど魅力的な光景が広がっています。

120407_02_16
120407_02_17
120407_02_18

イルカのステージでは、イルカ君達もサービスしてくれます。ちょっと勢い余って前に居る人を濡らしちゃったりして...。

120407_02_19
120407_02_20

ここらへんでちょっと休憩、館内のカフェでちょっと何か買おう。

120407_02_21

ここはあの「男前豆腐店」の豆乳ソフトクリームがあるっていうことで、買ってみることにしました。
うーん、甘い豆腐!

120407_02_22

綺麗な庭園のゾーンもあります、川には鯉が泳いでいたそうですが、すっかり陽も落ちよく見えませんでした。

120407_02_23
120407_02_24

ここでの滞在時間は約2時間、たっぷり時間あると思っていたけどあっという間に時間が過ぎ、気がつけばもう19:50と閉館10分前。

120407_02_25

お腹も減って来たしそろそろお開きという事で、楽しかった「京都水族館」を後にしました。

120407_02_26

4月には考えられない様な寒い日でしたが、なかなか有意義なツアーに満足、って感じですか。
...さ、京都タワーに別れを告げ(...?)、奈良へと帰りましょう。

120407_02_27


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぎゃん(。>0<。)

やってしまいました...今度は致命的!

120407_01_01

修理見積もり、中古部品探してもらっても少なくとも26万...保険...自損適用外ということでwobbly

という事で、お世話になっている修理屋さんにしばらく入院。
またまた以前同様の代車でGo!

120407_01_02

   〒〒〒

暗闇ではスピードの出し過ぎに注意しましょう!ι(´Д`υ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »