« 土産 | トップページ | 過去の勇姿 »

2007年6月30日 (土)

初夏の鈴鹿

先日滋賀へ行ったとき、道路脇看板に”湯の山温泉方面はこちら”って文字を見かけた。
そういえば20年ほど昔、バイトの友人と湯の山温泉からロープウェイに乗って御在所岳に行ったことを思い出した。
その日は時間的にも立ち寄るのは厳しかったので諦めたのだが、何か梅雨真っ直中の今日もそこそこの天気みたいやし...、いっちょ出かけてみようか!

   〒〒〒

070630_01_01_1
名阪国道から東名阪で四日市ICで降りる。国道を走っていくと前方には鈴鹿の山々が迫ってくる。

   〒〒〒

近鉄湯の山温泉駅の前を通り、しばらく山道を登っていくと御在所ロープウェイの乗り場が現れる。
とりあえず駐車場に車ほりこんでロープウェイ乗り場へ行ってみることに。
ロープウェイが遙か御在所岳山上に向かってのびる。
乗車賃大人往復¥2100...となると嫁と娘含めて¥5250出費(ToT)...しゃーないか!
070630_01_02_1070630_01_03


   〒〒〒

070630_01_04
観光客も疎らたっだんでロープウェイも空いているし、ゴンドラは一家族で一台。全部で38台のゴンドラがあるので約2分おきにゴンドラがやってくる。窓も大きく眺望も良さそうな感じだ。

   〒〒〒

待つこともなくロープウェイに乗車、いよいよ山上に向けて出発。
そう、昔このロープウェイに乗ったのは1986年12月30日...年末も何末やん。
とりあえず、その時撮った写真を並べてみた。うーん、さすがにゴンドラは新しくなっているけど、山の形は一緒か...当たり前!!ちなみにこの時は山頂気温確か-5度だったと...寒。。
070630_01_05070630_01_05s


   〒〒〒

んで、湯の山温泉界隈も昔の写真と比べると...ん-、変わってないなぁ。やっぱり寒そうな感じです。
今では更に手前に会員制のホテルなんかも建っていますけど。
070630_01_06070630_01_06s


   〒〒〒

ロープウェイ片道約12分の行程、中腹より上を望むと東洋一の高さを誇る支柱が見えてくる。高さ61mとか...。しかしこの辺り、ゴンドラの直下も150mありなかなかスリル満点かも...高所恐怖症では×かもね。
景色もなかなかのものだけど、今日は靄がかかり視界不良。空気の澄んでいるときは富士山も見えるとか。
070630_01_07070630_01_08


   〒〒〒

木々の間から突き出す岩肌もなかなか面白い形をしている。鷹が下界を見下ろしているような感じの鷹見岩。
それら岩々にはどうやって登ってきたんだろうか、人の姿も見える。
070630_01_09070630_01_10


   〒〒〒

そろそろ山上公園駅近く、最終7号鉄塔は標高1145m。
程なく山上公園駅到着。
070630_01_11070630_01_12


   〒〒〒

ここから一等三角点の御在所岳頂上へはリフトに乗っていくんですけど、ガスがかかっていて見えませーん。
どうせリフト乗るのもお金かかりそうだし、ここ展望台を少し散策してみよう。
辺りでは木々の間で鳥たちの美しい声が響きわたり、自然を満喫できる。
070630_01_13070630_01_14


   〒〒〒

少し晴れてきたので、名古屋方面の眺望も少し楽しめる。ここ山上の気温は約15度前後、少し湿気が多かったせいかそれほどさわやかってほどでもなかったかも...。
山の雰囲気を十分に堪能し、下山。
お、土産物屋の横には同士が...。(やっぱり最後にはこのネタが。。)
070630_01_15070630_01_16

|

« 土産 | トップページ | 過去の勇姿 »

コメント

大和路さん
御在所を三重に抜けた所に熊を飼っている所有ったけど今でも有るのかな?
それにしても岩の上に居るおじさん達、き○玉が喉につまれへんのかな?

投稿: 旅人(フルカラー) | 2007年7月 1日 (日) 21時17分

旅人さん
まず...一週間後のコメント...申し訳ありません。m(_ _)m
”熊”はわかりませんでしたわ。...”熊”のような登山者は見ましたけど。

結構、落ちたら一発あの世行きって岩の上で、き○玉が喉につまるどころか、のんきにお弁当食べていてましたねえ。

投稿: 大和路ポストマン | 2007年7月 7日 (土) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土産 | トップページ | 過去の勇姿 »